神奈川県の最西端、伊豆半島の付け根に位置する湯河原。
この地でコツコツと制作して、もう17年の月日が流れました。

さんさんと陽の当たる急峻な山の斜面に仕事場はあり、温暖な気候を活かして栽培されたみかんの畑が、町のあちらこちらに点在しています。

春先に剪定されたみかんの枝葉を農家からもらい受け、燃やした灰を原料にした「みかん灰釉」の器。 薄水色のしっとりとした質感は、どんな料理も受け入れてくれる寛容さがあります。

ようやく皆様の食卓の支えになるような器を提供できるようになったと、最近少しばかりの自負が生まれてきました。 食の器がメインですが、花が好きな方のために花器なども制作しています。

器は、窯入れしてから一昼夜しっかりと焼き抜いて、簡単には壊れない丈夫な造りです。 軽くて丈夫な器は、洗った後もからりと乾き、いつまでも清潔にご使用いただけます。 また、陶器ですから、使い込むほどに味わい深さも増して、経年変化もお楽しみいただけます。

私の作った器が、皆さまの食卓に迎え入れられたら嬉しいです。

陶作家 伊東正明

 

作品を購入する >>

出典作家一覧へ戻る >>